読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草間彌生「わが永遠の魂」 ふたたび

展覧会 DIARY

国立新美術館で開催されている、草間彌生「わが永遠の魂」また行ってきました。

これで2回目です。

2月末に一度、会社帰りに行ってきたのですが、時間がなくてものたりないとずっと思っていまして、ついに有休をとってゆっくり鑑賞することができました。

 

あの大展示室を埋め尽くす「わが永遠の魂」は何度見ても強烈ですね。
繊細でそれでいて迫力がある作品の数々。
アバンギャルドの一言です。

 

そして、気になっていた
THE OBLITERATION ROOMはどうなっているの?

 

前回(1か月前)はこんな感じ。

f:id:GTholic:20170323185205j:image

 

そして今・・・

f:id:GTholic:20170323185406j:image

ほぼ埋め尽くされてます。
オブリタレイトできたのかな・・・

 

こういうイベントも楽しいですね。
作品に参加した気分です。

 

ご高齢にもかかわらず、精力的に制作を続けていらっしゃる姿には、いつも勇気をもらえますね。


「私もまだまだこれからだな」と。

 

 

コレ↓ は数年前の展覧会で買ったBODY FESTIVALなTシャツです。
もうヨレヨレですが、パジャマとして今でも活躍中です。

 f:id:GTholic:20170321231322j:image

 

 

 

 

茶筅の寿命は使い方にも影響するのかな

GOODS 抹茶

いつものように抹茶をいただこうと、茶筅を取り出したところ、よく見ると先の部分が不自然に折れ曲がっているところがいくつかあって、手で伸ばそうとしたら、ぽろぽろと折れてしまいました。

 f:id:GTholic:20170319170459j:image

茶筅は消耗品と聞いていましたが、まだ使い始めて1か月。
寿命にしては早すぎるような・・・

 

こんなに早く使えなくなった理由はいくつかあると思います。

 

まず考えられるのは、品質。この先続けられるかどうかわからないから、とりあえずAmazonさんで安い茶筅を買ったので、こんなに早く寿命がきたのかも。

 

次に考えられるのは私の未熟さ。YouTubeでお茶の点て方をたくさん見て、マネをして点てていましたが、やっぱり自己流なので、使い方に問題があったのかもしれません。

 

そして、もう一つ気になったのは保管方法。一応使用後はすぐに洗って、茶筅直しに立てて食器棚の中へしまっておいたのですが、何か問題があったのかもしれません。

 

まぁ一番考えられるのは2番目ですね。

 

ということで・・・

 

ついに茶道の体験をすることにしました!

 

自宅近くのカルチャーセンターで、4月スタートの初心者向け茶道講座を見つけまして、受講申込みの前に一度体験できるということで、まずはトライしてみることにしました。

 

お稽古のスケジュールもゆったりしているので、体験してよかったら、そのまま申し込もうと思ってます。

 

あー楽しみ。 

 

中川政七商店の懐紙が好き

GOODS うちCAFE

最近は、どこへ出かけても和雑貨に目がいきます。

 

特に懐紙。

 

可愛い柄の懐紙、たくさんあるんですね。

こんな可愛い懐紙、お茶席でも使えるのでしょうか?

まぁ私は個人で楽しむだけなので、見た目重視ですけど・・・

 

懐紙についての過去 記事↓

gtholic.hatenablog.jp

 

 

先日、たまに行く本屋さんの雑貨コーナーを何気なく見てたら、ありましたよ!

 

可愛い懐紙。

 

中川政七商店さんの懐紙がいっぱい!

 

どれもステキで見てるだけで、ワクワクします。

 

そして、4つ(4帖というのかな?)も買ってしまいました。

 

まずコレ。

f:id:GTholic:20170319130535j:image

上段が「花唐草」¥350(税抜)

下段が「鈴」¥350(税抜)

 

そして、コレ

f:id:GTholic:20170319130612j:image

上段が「桜だんご」¥400(税抜)

下段が「小花」¥350(税抜)

 

季節ごとに柄を選んで使う。そんな小さな気遣いができればステキ。

 

中川政七商店 日本市 季節の懐紙 お面

中川政七商店 日本市 季節の懐紙 お面

 

 

 

さっそく「鈴」を使ってお茶をいただきました。

 

f:id:GTholic:20170319131030j:image

 

お菓子は、両口屋是清さんの「ささらがた 白小豆」です。

 

お茶の時間が、少しずつグレードアップされてきました(笑)

 

「名古屋名物」両口屋是清 ささらがた 5入

「名古屋名物」両口屋是清 ささらがた 5入

 

 

 

桜の木の下で野点したいな

GOODS 抹茶 日本茶

お花見のシーズンももうすぐそこですね。

 

毎年目黒川沿いの桜を楽しんでいますが、年々人が増えているので、今年は別の場所へ行こうかと思ってまます。

 

 f:id:GTholic:20170311173304j:image

これは去年の目黒川沿いの桜です

 

お花見しながら抹茶を点てられたらステキですよね。

 

今ある道具をもって出かけるのはちょっと大変だし、野点用の道具があればいいなぁと思って、Amazonさんをうろうろ物色しているところです。

 

ふじや茶舗 京都清水の野点を楽しむ巾着セット
 

 

でも、そんなに外でお茶を点てる機会もないだろうし、セットで揃えると値も張るし、モノが増えるし・・・

 

欲しいけど、悩みます。

 

そんなこと考えてるうちに桜のシーズンが過ぎちゃうかも(笑)

 

 

「茶碗の中の宇宙」は力強く、深く、静かでした

展覧会 DIARY 抹茶

東京国立近代美術館で、「茶碗の中の宇宙  樂家一子相伝の芸術」を鑑賞してきました。

日美で樂茶碗の存在を知ったことがきっかけで、お茶の世界に興味をもったこともあり、今回の展示は本当に楽しみでした。 

gtholic.hatenablog.jp

 

いよいよ本物に会える。

f:id:GTholic:20170318222015j:image

館内は暗く静かで、器のひとつひとつにスポットライトがあてられています。

 

まず、初代長次郎の「大黒」が 目にとびこんできました。
私が一番見たかった茶碗です。
思ったよりも小ぶりな茶碗ですが、存在感があります。

利休の「詫び」の思想が一番強く表現されている作品と言われていますが、何となくわかるような気がします。

 

私ゴトですが、ここ数年、シンプルなモノに惹かれるようになりました。
特にファッション。ミニマリストは好きではありませんが、余計な装飾や色をできるだけ減らして、その中でも個性が出るようなモノを好むようになっています。

 

「削ぎ落とされた美」に惹かれるんですね。

 

まさに長次郎の茶碗です。

 

その後、代が変わるにつれ、器の姿が変化していく様子も興味深いですね。同じ「樂茶碗」という伝統を450年も継承しているのに、色をつけたり、装飾があったり、まるい形だったり、角ばった形だったり・・・見た目は全く違うんですよ。でもいつの時代の茶碗も「黒茶碗」と「赤茶碗」で、芯の部分はずっと同じなんですよね。

 

特に印象に残ったのは15代(現当主)が作った茶碗ですね。
海外で制作されていたこともあるようで、それまでの樂茶碗とは少し違う斬新な激しい印象を受けました。

 

そして次期16代の初作といわれる「赤樂茶碗」
これが、今回の展示の中で私が一番気に入った作品でした。
まだ作陶を初めたばかりだそうですが、やわらかくて優しい印象のその器をみていると、なんだかほっこりしてきます。
今後、どのような作品を作られるのか楽しみです。

 

f:id:GTholic:20170318222055j:image

  

 

表参道で職人の技を鑑賞する

DIARY 展覧会

会社帰りに夫と待ち合わせて、表参道ヒルズで開催されている「エルメスの手仕事展」へ行ってきました。

f:id:GTholic:20170317131051j:image

夫もモノ作り系の仕事を長年やっているので、どうしても見ておきたかったようです。

 

平日の夕方ということもあり、会場は驚くほどの大混雑でした。まぁ、入場無料だし、期間も短いので仕方ないのかな。


各職人さんのブースで、実際に仕事をしている様子が見られ、職人さん自身が各作業についての説明もしてくれます。
質問することも、写真を撮ることもOK


手仕事の素晴らしさをあらためて知ることができました。

 

f:id:GTholic:20170317131203j:image

中でも、鞄作りの職人さんの話は興味深かったですねぇ。

 

エルメスでは、鞄を作るときは、一人が全ての工程をまかされて完成まで作業をするそうで、縫製だけで丸1日以上かかるそうです。
そして、その道何十年の熟練した職人さんでも、入って2年程の新米職人さんでも完成品は全く同じであるということには驚きました。

もちろん、細かいマニュアルがあって、それに少しでも外れれば、製品として出ることはないそうですけど。

 

日本では、職人さんと言われる方のお仕事は、長い見習い期間があり、その間はごく一部しか携わることが出来なくて、何十年も経ってやっと一人前になるのに・・・

 

これなら若手の職人さんもやりがいがありますね。

 

全て手作業での細かい仕事を見て、エルメスが高級品であることに納得。
庶民の持つモノではないことを痛感。

 

でもね、日本の職人さんの技が世界で一番だと私は思ってます

 

「べにふうき」ってホントに花粉症に効くの?

日本茶

毎年この時期になると、花粉症で苦しんでます。

酷い時は薬を飲みますが、今のところ点鼻薬でなんとか治まってます。

 

先日、「べにふうき」というお茶が、花粉症に効くと聞いて、ネットで調べたところ、もう随分前から、話題になってたんですね。

知らなかった・・・

 

べにふうきの中の「メチル化カテキン」という成分がアレルギーを抑制するらしいんですけど、今から飲んでも間に合うのでしょうか?

普通のお茶に入っている「カテキン」とは違うのでしょうか?

 

とりあえず、会社でも簡単に飲めるようにスティック包装された「有機べにふうき」をひと箱買ってみました。

 

 f:id:GTholic:20170314233500j:image

 

パッケージの写真では、あざやかな緑色のお茶ですが、実際にはもっとくすんだ緑色です。

 

味は、普通のお茶よりも苦いというか渋いというか・・・

はっきり言って、おいしくはないです。

薬だと思えばかなりおいしいと思いますけどね(笑)

 

これで、ホントに花粉症の症状が少しでも抑えられたらいいんですが。

 

 

有機べにふうき 粉末スティック30本入り

有機べにふうき 粉末スティック30本入り