読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまりは日曜美術館

はじめに

今年はじめのこと。

 

毎週録画して楽しんでいるNHK日曜美術館

「利休の志を受け継ぐ楽家450年茶碗の宇宙」

が放送されました。

 

千利休の依頼で茶碗を作りはじめた「楽家」には初代から450年もの間、たったひとりの男子だけに継承してきた「楽茶碗」と呼ばれる茶椀があるんですね。

 

それぞれの代によって器の表情は全く違うし、その歴史には興味深いものがあります。

 

そして、器の歴史を調べていくうちに器だけでなくお茶の世界にも強く魅かれるようになりました。

 

私も「楽茶碗」でお茶をいただきたい!

 

そうだ茶道だ!

 

とはいえ、「茶道」と聞くとかなり敷居が高い。

 

でもやってみたい・・・

 

いやいや簡単にマスターできる世界ではない。

 

でもやってみたい・・・

 

 

会社帰りにお稽古できるスクールはないかネットで調べてみると・・・

 

これがまた結構あるんです。

 

でも、場所と時間が自分の生活と合うか微妙。

はじめたものの、続けられなくなる可能性が高いと思い断念しました。

 

とりあえず、ネットの情報や本を師としてひとりでお茶を点てられるところまでやってみます。

 

ど素人が自己流でどこまでできるか

ここにその記録を残したいと思います。

 

まずは道具を用意しよう。